妄想の彼方にて

起動


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--..
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キミに笑顔を見せるとき act1

  1. 2010/09/17(金) 22:51:00..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
ボクの笑顔は

拒絶の仮面

うつむく底で

セセワラウ…


 __ いちごはニガテ


「嘘でもいいから やさしくして…」あのときの彼女の言葉。最後の言葉。

そして、ボクの返事は。

なにもなかった。

────────────────────────

 人間なんて莫迦ばっかりだから、愛想笑いと調子のよい言葉にコロリとだまされる。

おかげでボクは、親友には事欠かない。

学校からも両親さえも、まじめでいい子と評価は抜群。

そりゃそうさ、なんたってボクはいい子のまねが一番得意だから。

ほんとのボクはやりたい事しかやりたくなくて思ったことは口にしてしまう正直な奴なんだけど。

こんなボクにも、友達がいて。正確に言えば、友達だった奴がいて。ちっちゃい頃は、仲良く喧嘩したり普通に過ごしていたんだけど。

ある日些細なことが原因で、そいつとは友達じゃなくった。僕の中だけでね。

ボクは、彼が思っていたような人間じゃなかったらしいのさ。

結構長い付き合いで、おんなじように接してきたんだけど。

ボクは、勝手すぎる。

ボクは、口が悪い。

ボクは、ひどい奴。

らしい。

生まれて十六年間、ボクは全然変わってなど無いけど。成長してないってゆーか。そのときは十三年間かな?勝手すぎて、口が悪くてひどい奴を十三年間とおして生きてたんだけど。

あぁ、今でもそいつとは付き合ってるよ友人じゃなくて、お友達だけど。

その時のことはトラウマで、一年くらいはまともに人の顔がみれなかった。

一年かけてようやく悟ったんだ。こんなものだってね。取るに足らないモノだって事さ。

身勝手でひどいボクにとって、上辺だけの言葉や無責任な賛美など、この悪い口から無限に出せるのさ。極上の作り笑いとともにね。

ところが最近調子が悪いのか、このボクの笑顔に面と向かって文句をゆー奴があらわれた。彼女の名前は、渡部真由。変わった女の子だ。

「あなた!なにまた掃除をさぼってるの?」

「あなたってのはボクのこと?」

ボクはにこやかな顔を作って返事をする。

「そう、池 谷 和 也 あなたの事よ!」

「ボクは見ての通り、少し具合が悪くって、それにトモダチがボクの分までかわってくれるって言うから。」

平然とボクは答える、笑顔をくずさずに。

「そう、それ。あなたの白々しい笑顔。私には通じないわ!」

「白々しいなんて、思い違いだよぉ。代わりもボクからじゃなくてカレから変わってくれたんだよ。友達だからって。」

「どうせあなたが、丸め込んだんでしょ?そのつくり笑顔と、よくまわる口で!」

「渡部さん、いくらなんでも言いすぎじゃないの?おとなしいボクでも…」

少し真顔を作り上げたボクは、困った口調でしゃべりだす。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

だめだめ

  1. 2010/09/17(金) 22:17:56..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
ガッコで先生にいつも言われる

努力しないと偉い大人になれないって

でもセンセ

教師ていどにしかなれなかったアナタは

努力が足りなかったってことですよね??


家ではいつもババァに愚痴られる

アンタそんなことじゃ良いお嫁さんになれないよって

それじゃあ

アンタもわたしと同じだったんだぁ


トシとってればえらいなんて

わたしからみれば失格失格

無駄にいきてればわたしより

だめだめ



にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
続きを読む

哀れな二人

  1. 2010/09/17(金) 21:26:10..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
二人いても孤独なのは

ボクの望みと違うから

手を繋いでも虚ろなのは

キミの心は留守だから


いつも二人寄り添って

無いものねだりの傷の舐めあい

互いに自分を誤魔化して

妥協と惰性に任してる


寂しさだけをうめるため

身体を何度も重ねても

心の隙間はうまらない


切なくて滑稽なボクとキミ

とても哀れな二人だね




にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

ボクタチ

  1. 2010/09/16(木) 21:45:10..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:2
謝らない君

押し通す君

だから彼女は君が好きになれないんだよ


君をかばうボク

彼女を慰めるボク

だからボクは孤独なんだね


ボクはキミみたいにはなれない

キミのようには生きてゆけない


ボクと君

彼女とボク

君と彼女とボクとキミ


どうして一緒なんだろ


いつかはわかれがくるのかな

ほんとのこどくがくるのかな

かんがえるだけでためいきがでそうだ





にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

y U g A M I

  1. 2010/09/16(木) 19:44:57..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:2

ボクのココロ  は狭くて

 おまけに小さ  いからキミの才能が

   キミのささやか  な成功が喜べない


  素直にと  かの問題じゃない

 ただ嫉妬がう  ずまくだけ

どす黒い嫉妬心が満ちてるだ  けだ


おかげでボクのココ  ロの色はdosu黒く

 今では身体全   部が黒ずんでるかのよう


キ   ミのことがスキなのに

  同時に憎   くてたまらない


キミがもっと愚かだった   ら良かったのに

コンナニ   モ憎むことなどなかっただろう


キミがもっと魅力な   い人だったら…

ボクみたいにボクみたいにボクミタイニ

キミとであってス    キになって憎くなって

ボクはボクはボク はボ

どうす?れば???


憎いのにスキだなんて
ボクはいったい



     なんだr


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

Legendary Mage & Almighty pyroxene

  1. 2010/09/15(水) 20:43:27..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
序文


世界の始まりの前 それは混沌に満ちていた

あるとき 混沌より一粒の輝石がふいに生まれおちた

輝石は混沌をただよっていたが やがて世界を創造し 

さらに始まったばかりの世界に ひかりとやみの二つをもたらした

ひかりとやみはそれぞれ命あるモノ達であふれ出し

終わりなき争いが始まった 輝石をめぐる永遠の争いを



〜 伝説の魔道士と全知全能の石 序章 〜

かつて、ひかりとやみは相反するものの象徴であった。

創造以来、拮抗した二つの力は譲り合うことなく永劫の争いを続けてきた。

あるとき、始まりの真理について解明をなしたやみの王は、創造主<輝石>を手に入れるため選りすぐった配下の者たちを世界各地へと派遣した。

ある者は、やみの帝国の本拠、東の大陸内部を、またある者は西方に広がるひかりの島々を、残りの者達も極寒の北方や
灼熱の南の海へと散っていった。

その中で南西にあると伝えられていた未知の島へと旅立った者がいた。名はアーク。やみの司祭である。


─ 東の大陸の西方バランナ海 ─

帝国の最新型帆船ダークドラゴン号がひかりの島々の南沖を航行している。バランナ海は雲ひとつなく波も穏やかで、順調な旅が続いていた。

「あと三日もすれば、例の島が望遠鏡で確認できますが。」船長は舵を取りながら、隣に佇む司祭に目をやった。

「島の名はカオスとゆう。」司祭は問いには答えず、つぶやいた。

「はぁ、そうですか。」

「われらが発祥の地、いや全ての始まりの場所だ。」司祭はつづけた。

「名前やいわれは知らないですが、船乗りの間では呪いの島と呼んでおります。」

「海岸は見上げるほどの岸壁で、所々見え隠れする岩に囚われ多くの船が行方不明に…」

「カオスは望まぬものを拒もうとする島だからな、呪われていると言えばそうかもしれぬ。」

「上陸できなければ、お目当てのものも探しようがないかと…」

「案ずるには及ばぬ、そのためのわしがおるのだから。」

「では、その時は何卒。」

「言うまでもなきこと。」

さらに二人の会話は続いてゆく。相変わらず穏やかな波の中、帆にさわやかな風を受けながら船は進んでゆく。

一羽の海鳥が、羽を休めにマストの上にとまった。うつむき加減なその様子は、船内の様子を見つめているかのようだ。

そう、その瞳は確実に船上の有様を映し、鼓膜は二人の会話を高みより捕らえていた。

海鳥はひかりの島に住む魔道士の移し身のひとつだった。永劫の時を過ごす伝説の名もなき魔道士の。

闇の司祭は僅かに視線をマストに向け、何もなかったかのように声をはり会話を続ける。

「ときに船長、全ての始まりの詩について聞いたことはあるだろうか?」

「司祭様、輝石がどうのこうのってヤツのことですか?」

「左様、正確には<世界の真理についての考察と推察>と言う名の小論の事なのだが。」

「太古の賢人による推論が詩の形で伝承されているアレのことだ。」

「この世界、つまりわしらが住む大陸や海洋、それらを包括するワクセイとギンガについての創生の物語だ。」

「ワクセイとギンガってヤツは何のことですかい?」

「世界を乗せた世界とそれらの集まりの事だ。」

「はぁ。」

「まぁ理解できずとも、仕方なき事なのだが…」

「序章にある混沌とは、無数の塵つまりホコリのようなモノを指し示している。」

「無数無限のギンガが存在する以前の時間 無物なる虚空には粉塵が混沌と満ち溢れていた」

「わたしが聞いた詩とは、ずいぶん毛色が違う気がするんですが。」

「今の世に伝わる詩は、専門用語を違訳したもので、もともとの語とはずいぶん簡略されているからな。」

「そんなものですかねぇ」

船長はよくわからないまま司祭の話を聞き続ける。



にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

ようこそ安らぎの世界へ

  1. 2010/09/15(水) 18:40:05..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
ようこそココへ闇の世界に

ココはいわゆる暗闇の底

出口なき暗黒の果てさ



自己紹介でもしてあげようか?

ボクはココに住んでいる

つまりは闇の住人だ

キミの足元の横に転がっている


もしキミがコチラの世界に迷い込んだなら

話だけでも聞いてあげよう

壊れて身動きも取れないボクだけど

キミの嘆きくらいは聞きとれるから


出口なんかは知らないけれど

ここは元いた場所より安らぐはずさ


ココでは誰もキミの存在を責めないし

ココなら何もキミ自身を裁かない


闇の底にはガラクタばかり

ボクみたいな壊れたモノが転がってるだけなのさ

無数にね♪



にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

めずらしく自ら受け取ったわけです うふふ

  1. 2010/09/14(火) 19:19:24..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
お気に入りのサイト様から 頂きました

もちろん自分勝手にですけど♪
続きを読む

あてなき旅

  1. 2010/09/14(火) 18:29:48..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:2
ボクは眺めている

目の前の長々と続く道程を

陽炎が立ち 乾いた砂埃が舞う道を

行く手は遙か遠くまで続き

ぼんやり霞み揺らいでいる


ふうっ

ため息を一つ付きボクは重い腰を上げる

棒と化した脚は頼りないが何とか動かせそうだ

あての無い旅は今日も続いてゆくのだ


にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
にほんブログ村

キス

  1. 2010/09/14(火) 18:22:38..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
「キスして?」とキミは言う

ボクは大概

「なぜ?」って顔で それにこたえる

それでも しつこいキミの問い掛けに

最後はボクも諦めるけど…


浮上るキミと沈んでゆくボク

それでも何処か繋がってるみたいだ

こうゆうのもありかなって思う今日この頃



にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
にほんブログ村

一日

  1. 2010/09/14(火) 18:13:37..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
朝は常に気怠い

ほんの少しの空いた時間も

日々の疲れがもたれ掛かる

一日憂鬱と共に過ごし

疲れを連れて帰宅する

帰宅先では戸惑いが待ち受けていて

夕飯を大概共にする

ボクの一日はこんな感じ

そして崩れて眠りつく

不安が住んでる眠りへと



にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

ありふれたウタ

  1. 2010/09/13(月) 23:29:40..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
今日一日

振り返れば

ヤナ事も 少し嬉しかったことも

色々あって ちょっと進んだかなってのが

感想?

明日も色々だろうけど

少し嬉しかったことでも

かみ締めて眠りにつこう

そうすれば

また少しだけ進めそうなきがするから

ボクノウタ

  1. 2010/09/13(月) 21:16:45..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
何の為だろう

自分のため_自己満足

誰かに聞かせるため?_自己満足

何の為だろう

つまるところそれは自己満足なのだろう

誰にも相手にされないボクにとって

ぼっちが好きなボクにとって







にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

ジョブとレヴェル

  1. 2010/09/13(月) 20:03:03..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0

もともとのジョブは

Merchantなので

アタマをさげ

ココロにもないことを

わびたりするのは

わけもない

ただ

もう少しだけ

ほんのわずかでも

狡猾に流暢に嘘をつく事ができたら

周りの呆れるほど低知能な輩と

上手く付き合えるのかもしれない…

クラスチェンジ後の現在のレヴェルだと

余りの飲み込みの悪さに

呆れあきらめ

会話が途切れてしまうからだ



にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
にほんブログ村

淦と苦路 序

  1. 2010/09/12(日) 17:59:55..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
いつのまにか水がたまっている。

汚れたそれは、除いても除いても何処からか沸いて出て、悩みの種となる。

常に溜まるそれは、悩みではなく当たり前の事と片付けられてしまう。

水を引きながら和也はいつしか思いの中にへと沈み、二年前のあのできごとのなかにいた。

_____


混乱

  1. 2010/09/12(日) 10:53:55..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
ここはどこだ?

ボクはだれだ?

ボク 僕 ワタシ 俺

現実と妄想と虚構と日常がまじり

自分の姿とココロを見失う

このままだと…




にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

止まる事は絶対許されてない

  1. 2010/09/12(日) 07:09:04..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
右を見下ろせば

奈落の底が広がっている

左側は無常な断崖絶壁だ

歩む道はでこぼこで

尖った落石に足を取られる

日が翳らないうちに

早くはやくと進んでゆく

引き返すことはもとより

止まる事は絶対許されてない



にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

ローリンガール

  1. 2010/09/11(土) 19:53:53..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
ボカロバトン
〜ルール〜
☆これは地雷です
*見た人は必ずやってください
☆踏んじゃった人はボカロで一番好きな曲の歌詞を日記のタイトルにしてください

歌える   :◎
聞いたことある:○
曲名だけ :△
知らん :×

みっくみくにしてあげる♪:○
ワールドイズマイン:○
メルト:○
初めての恋が終わるとき:○
恋は戦争:○
下剋上:△
炉心融解:◎
悪ノ召使:○
リグレットメッセージ:○
人柱アリス:◎
初音ミクの消失:○
裏表ラバーズ:△
ダブルラリアット:○
ブラック★ロックシューター:○
桜ノ雨:○
magnet:○
ごみばこ:○
くたばれPTA:◎
崩壊歌姫:△
白い雪のプリンセスは:△
恋スルVOC@LOID:△
ローリンガール:◎
ライン:△
Adam:△
悪ノ娘:○
ワールズエンドダンスホール:△
相愛性理論:△
夢→世界論:△
螺旋迷宮〜Spiral labyrinth〜:△




  勘弁してください…

?集まり群れ成す理由を述べよ?

  1. 2010/09/11(土) 19:40:52..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
どおやら___では

思ったことを口に出すのは

ワルイことらしい


スキな人に

スキとゆうのは

ハシタナイ事で


キライなヒトに

キライと告げるのも

エヌジー?


事実を述べれば

空気を乱し


意見を述べれば

失笑を買う


ボクには

まるで理解できない

では 何を語り何を述べるというの?

なぜ 集まり群れをなすの?






にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

なぜ?人は?

  1. 2010/09/11(土) 00:06:36..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
なぜ?

ヒトは他人を求めるのでしょう

決して分かり合えることなどありえないのに


なぜ?

ヒトは他人を拒むのでしょう

その人が唯一の救いかもしれないのに



なぜ?

ヒトは他人を羨むのでしょう

その人が幸せなどと決まってもないのに


なぜ?

ヒトは他人を憎むのでしょう

本当の姿など見えてもいないのに


なぜ?

ヒトは他人を見比べるのでしょう

そんなものには意味などないのに


なぜ?

ヒトは他人を好きになるのでしょう

自分自身が一番のくせに


なぜに人は人であろうとするのでしょういきものに優劣区別など必要ないのに



ヒトとはなんなのでしょうか?

教えてください?



にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

セメントの雨

  1. 2010/09/10(金) 18:21:16..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
白濁の雨が降り続く

草花は枯れ果て

大地は実りをとめる


幼いキミの黒髪も

雨に打たれ色を失い

ただれた皮膚は血が滲み

面影さえも残らない


雨は優しく全てを包み

時さえ止めて凍り付く

生無き世界は無言のままで

白濁の音だけ響ゆく

鎮魂歌の調ととも


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

お礼参り

  1. 2010/09/09(木) 11:47:53..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:4
物は言い様で、とかく短気な俺は言葉といった物に敏感だ。

敏感とゆうよりも、裏に込められた相手の悪意や遠回しな答に過剰に反応する。

会社の上司からの「ご苦労様。」とゆうようなお決まりの台詞の中にも

『この役立たずの給料泥棒め!無駄に残業しやがって!』の意味が込められているから、ついつい仏頂面で返事を返す。

俺の女房もしかり。顔では笑って「気をつけてね。」などとほざいているのだが

『テメェなんざあどうでもいいから、サッサと安月給を稼いで来やがれ!』とどやしつける姿が丸見えだ。

憂さ晴らしで始めたブログの詩でさえ、コメントに〈私も共感します、これからも頑張って下さい〉

つまり《言葉遣いもまともに出来ない貴方にはまともな詩などはかけません!たわごとはチラシの裏にでも書くだけにして下さい!二度と書くな莫迦!!》との始末。

正常なる生活を誠実に送ってる俺に対し、周りは異様な悪意に満ち溢れてるのだ。

これは、大宇宙からの陰謀にちがいない。そうに決まってる。

なぜならば先に言ったとおり俺には、全ての意味がわかってしまうからだ。

そうそう、この俺がいままで言ってきたことに感想などはいらない。

書かなくてもちゃーんとわかっている。必要もない。

そのかわり俺自身が直々に、感想のお礼に行くことにする。

バットを片手に、キミたち一人一人にお礼参りをこれから…



_不安

  1. 2010/09/09(木) 09:46:45..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
漠然とした不安が

いつもワタシに付きまとう


得体の知れないソレは

ときに

背中の後ろで 足元から 頭上より

覗き 見上げ そして見下ろす


耐え切らないほどの視線の圧迫は

ワタシを狩り出し

訳もわからず逃げ続ける


ソレからの凝視から逃げ出し

ココロの安らぎを得るために

逃げ続けるワタシ


ワタシの口元から紡がれる

色とりどりの嘘の糸で編まれた

妄想柄の衣を纏いながら

逃げている


本当のワタシが見つけられないようにと







にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

弱く最低な存在

  1. 2010/09/08(水) 22:01:56..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
愚か者は他人の目を気にする

己の愚かさが露呈しないよう始終周りを見渡す

__にはわからないのだ

他人は__など見てもいないことを


自分に自信なきものほどよく吼える

はがれないように

ばれないように

哀れみにも気づかないで

では

ボクはどうだろう?

偽って 誤魔化して 煙に巻く

最初から信用などされてないのに

相手にもされてないのに

結局ボクが

一番愚かで 弱く サイテイなソンザイなのかな?


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

ボクはだからウソをつく

  1. 2010/09/06(月) 20:20:56..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:2
キミのことがスキだなんて

ボクには言い切れない

キミのことはキライだよって

時々思ったりするけどね


自分のことさえ見えてないのに

他人の心はわからない

複雑怪奇な人間を

一言でなんて言えないから


キミの  はスキだけど
キミの  がキライなのさ

いったいどっち?と問うキミに

わからないから と答えてしまう

スキキライは大事かな?

寄り添うだけじゃ駄目ですか?


答えの出ない問題は

いつもボクを悩ませる

だったら黙っていればいい

嘘でもついていればいい




にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

シューティン ガール

  1. 2010/09/06(月) 19:13:02..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
少女が放つ紅い矢は

紅蓮に燃える心の矢

少女の放つ怒りの矢

全てのモノにと降り注ぐ

シュティンガールは孤独な戦士

誰の助けもかりないで

シュティンガールは不遇な戦士

安らぐ場所は今はない



少女は叫び駆け抜ける

過ぎ去るモノには目もくれず

少女は放ち打ち落とす

傷付くことなどおそれずに

シュティンガールは孤独な戦士

叫び駆け抜け闘って

シュティンガールは不遇な戦士

帰る場所などすでにない




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

またあした

  1. 2010/09/05(日) 22:55:17..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
きのうのばんから

あそびほうけていたので

つかれました

なにもうかんできません

また明日


思い違いをしてないかい?

  1. 2010/09/04(土) 21:02:03..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
トモダチってのは 嘘などつかないものだろ?

恋人ってのは 

互いに信じあってるって聞いてるけど

そうなんじゃないのかい?



だったら


キミの周りの奴らは 

トモダチとは言えないよね

キミの傍にいるのは 

コイビトなんかじゃないんだ



ボクに最初から トモダチ なんていなかったし

コイビト なんて 無縁だったけど


ボクの問いには答えられないのかい?

言ってることはまちがいなのかい?

そうじゃなければ説明してくれ

トモダチとは何かを

コイビトとはどういう存在なのかを?


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

愛しくて

  1. 2010/09/04(土) 20:30:31..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
憧れは 嫉妬へ そして憎しみに

尊敬は 崇拝へ やがて狂信に

羨望は あきらめに 最後は破壊へと



愛しすぎるアナタに

呪いのことのはを送ります

アナタの光がなくなりますように

闇に埋もれたアタシを求めてくれますように

アタシの この細い腕と 

隠し持った残りの六本の触手で

アナタの全てを絡め虜にしたいのです

執拗に張り巡らした

アタシの巣の中へと永遠に

ココロを身体を吸い尽くして

アタシの中に宿せたのなら

アタシは幸せになれるから

アナタの生暖かいモノで

アタシが満たされたのなら

最高の悦びが訪れる気がするから

そんなことを夢に見て

アタシはここに潜んでいるから

待ち遠しくて

愛しくて

待ちきれないアタシだから



にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
続きを読む

今日も感染

  1. 2010/09/03(金) 22:34:13..
  2. 2010/09 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:2
たびたび 感染状態に陥る いっちーです

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。