妄想の彼方にて

起動


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--..
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の詩 ヤミノサソイ

  1. 2010/05/31(月) 19:24:11..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
ボクの言葉は届かない           ソウダ

ボクの祈りは通じやしない      アタリマエダ


世界はすべて幻想で     ワカッテルジャナイカ

記憶に紛れ逝くだけ   オマエノオモウトオリダ


この世に愛など既にない           デモ

人生なんかは意味さえない       ワレガイル

ただ 時だけが単調に        ヤミニスマイシ

過去から彼方へ流れて行くだけ     ワレガイル

もう 終わりにしてしまおう       ソウダ
もう どうしようもないのなら     クルノダ

ボクの意味などないのなら     ワレノセカイニ

ボクに愛などないのなら ヤミガオマエヲマッテイル


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

きみは 友達?

  1. 2010/05/30(日) 20:33:03..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
小鳥のさえずりで 目が覚めた

朝というには日が高い

夕べの後始末のせいだろうか

ただ単に寝不足っだたからか

いつものように 餌をあげようとすると

ますます騒ぐ 小鳥達

どうしたの?具合が悪いの

それとも…

小鳥のさえずりは ボクのやすらぎ

唯一の友達だったのに

興奮冷めやらぬ鼓動のせいだろうか

洗いきれない穢れからか

決心したボクが近づくと

ますます怯える 小鳥達

どうしたの?友達だったはずじゃなかったの?

それとも…

夕べの彼女のようにボクを嫌いになってしまったのなら

ボクは ボクは 彼女にしたように…

ギェッ


さえずりはふいに止み

ボクの にぎった手のひらの中の 小さな小さなぬくもりも


やがて薄れていった

夕べの彼女の青ざめた顔のように


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

いちニの 頑張る夕ご飯 (≧▽≦)

  1. 2010/05/30(日) 20:06:21..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0

リクに答えて 肉じゃが作ってみました~

   初めての肉じゃが??

味が薄い と怒られちゃいました…↓

 次は 頑張りマース♪
続きを読む

神憑きの傭兵 不死身のカーリー vol.1

  1. 2010/05/30(日) 10:56:36..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
「 人間の感情は多くのエゴイズムで成り立っている たとえば 友情や愛情も同じベクトルのエゴの一つに過ぎないのだ 」

ってセプトゥアギンタの著書にあったけど、まったくその通りだと思う。

ボクは、カーリー。傭兵だ。

ただいま宇宙空間を漂流中。SSフォンで助けは呼んでみたものの返事はないし、近くには友好的艦船もない。そのかわり非友好的艦船が相変わらず周回して、ボクのことをスキャンしようとやっきになってるぐらいだ。

事の起こりは、今回の部隊での作戦のはじめに、仲間の二人がかってな友情と愛情を押し付けてきたからだ。そっけないボクの返答に、すぐさま無視と憎しみにとって変わってくれたけどね。

おかげでめでたく宇宙空間を漂流する塵のお仲間になれることが出来たわけ。

えっ?それじゃなんだかわからないって?

それじゃあ君達パブリにも理解できるように、順をおって話をしよう。

さっきの仲間(塵じゃなくて)つまり部隊の同僚は、一人はメルオンといって騒がしい粗雑なパイロット。新入りで初対面ののボクに、ずうずうしく友情を押し付けてきたヤツ。

もう一人はロール。戦闘力だけは伝説のドラゴンウォリアー並みの普通の女の子。言うまでもなく愛情の方を投げかけてきた方。顔は可愛かったけど、ボクの好みじゃなかったから、はっきり断ったのは言ったよね。

そんな訳で部隊の最初の作戦だったのに、はじめからチームワークはガタガタになっていた。ちなみに今回の部隊はボクの82番目の部隊だったんだけど。

だったって言うのは、部隊そのものと作戦艇が敵の艦船の砲撃で消滅してしまったから。ボクだけが生き残っているのは、持ち前の用心深さと神憑きとよばれるボクの特殊能力のおかげなんだ。

ボクの能力_神憑きは、10セコ先の未来に展開する全ての悪意を事前に察知して回避のイメージを次々と脳裏に映し出すものだ。この力のおかげで今までも部隊壊滅をただ一人逃れ続けて、不死身の傭兵とか呼ばれることになったけど。

過去に壊滅もしくは解体した80あまりの部隊のことを思えば、憑いてる神はきっと疫病神だろうけど。

用心深さの方は、常に他人を信用しないことと逃げ道を必ず確保しておくこと。今回は調査目的の作戦だったけど、個人シールドを装備した戦闘用の強化防護スーツを手元に用意してたんだ。チームの二人は呆れてたけどね。

調査とはいえ、敵宙域近くの空間で周囲の広角スキャンもはらずに、作戦を開始したのはチームワークのかけらもなかったからだろうし、故意的な妨害につながる悪意の賜物かもしれない。なにせ脱出ポッドさえ、ボクの分が無かったから。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

漆黒の竜 ダークドラゴン ファイル dd 002

  1. 2010/05/30(日) 07:42:54..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
宙港近くのJPS_ジャッピイスタンドは、今日も混んでいた。多くの旅行者などが利用するため、スタンドと呼ぶには大規模な造りになっている。

カフェや物品の販売、それに各種サービスなど他のJPSと代わらないが、コロニーの入出チェックも請け負うところが違いといえば違いである。

ファングは、おびただしい数が並ぶカフェの席のひとつに腰掛けた。宙港近くに住むファングと違い、8スパン先のガーディの姿はまだ見えなかった。

…ボートで20セコってとこか

待っている少しの間、一服することにした。

片隅のイエローのパネルをタッチしてエスプレッソを選んだ。すぐさまテーブルの中央にカップが転送される。暫くするとパネルの表示がグリーンにかわり、中身が湧き出した。

ブレスの認識が完了したらしい。これで今日一日、JPSのすべてのサービスが待つことなく受けられるはずだ。

さらにパネルを操作し自分のホームにアクセスすると、登録済みのニュースのヘッドがホログラフで浮かび上がってくる。

…本日も 特になしかぁ
エスプレッソを飲みながらファングはつぶやくと、脇で浮遊するメールアイコンに目をやった。

…こんなところまでメールなんて、年よりはくどくてかなわねぇ
指でつかまれ既読済みにされたアイコンは、点滅をやめ長官用のMBにしまいこまれた。

「おまたせー ファング♪」

「いつものヤツでいいか?」

「もちろん OK♪」

ファングがパネルにタッチすると、今度はデザートのカップが中身入りで現れた。

「わたしのとこに、あなたと同じメールが長官からきてましたよ」

「あぁ そう思って読まずに捨てといた」

「報告書の提出と提示連絡の徹底 いつものやつですね それと映像についての事」

「それで?」

「とりあえず報告書は送って 連絡はいまから私がファングのコードで入れるようにしたから

「あぁ それでいい」

「元気ないですねぇ ファング」

「まぁ な」

「映像は 現地につくまでに戻しとけばいいでしょう それと」

「それと?」

「ステラには謝って仕事あけの約束まで取り付けときましたから あなたのヴォイスで

「サンクス」
ファングは笑顔で、こう答えた。

─ メトロ 7th宙港 Dolls ─

「…ようこそシアターに JapaneseYears社は 皆様に快適な宇宙の旅をお約束します」
前面の巨大スクリーンにジャッピイ社のCMが流れ始めた。ジャッピイが誇るシアターは、文字通り劇場型のスペースライナーだ。

退屈な航行中の宇宙の映像としつこいまでの宣伝を除けば、情報局の輸送艇よりもずっと快適ではある。

個人用のゴーグルをかけてプライベートモードにしたファングは、ガーディからのミッションの説明を聞くことにした。

<これが コローニーの全景と各パーツの映像です>

目の前に複数のウインドウが展開する。

<E.C.O.環境コロニー_エコ 量産型の標準コロニーで AL星系ではお馴染みのヤツですね 集光パネルと本体は
JapaneseYears社製の純正品だけど CNドライブだけ あのLXX製のようですね>

…LXX.G.C.(Septuaginta General Contractor) 通称 特定破壊工作請負人 軍事用って訳か?
ファングはつぶやいた。

<ドライブのスペックと用途については、ハック出来しだい補足しますから 依頼のあらましを>

ガーディの説明によると、コロニー内のプラントの一部が事故により幾つか生産不能に陥ったらしい。もっとも映像を見る限り、完全にスクラップ化したプラントでは生産もなにも無理な気がしたが。

<コロニー統治管理局じゃなくて うちの方にまわってきたのは 企業秘密に関わる事情の為みたいですね>

<コロニーが企業の持ち物になってるだって?>

<エコだけじゃなくて 周域の12のコロニー群がLXXの持ち物になってますね もっともこれも企業秘密で一般には公開してないみたいですけど>

<事件の詳細は 帝国のデータバンクから完全に抹消されてるみたいなので 統治官の適当な報告を聞いた後にでも 現地のバンクから拾ってみることにしますよ>

<それにしても コロニー群まで一企業の持ち物なんて ファックな世だぜ…>

<帝国なんて過去の遺物で ここAL星系ではジャッピイとLXXの2大企業体が支配してるってことは ハッカーズの間では常識ですよ>

<そんなのはしらねーなぁ オレはおまえたちハッカーズとは違って 帝国と同じ過去の遺物だからな>

<ファングのようなドラゴンウォリアーは貴重で希少な固体だけど 形骸化した帝国よりはましで 個体数も8体ほどAR星系で確認済みですから>

<お仲間が あと七匹もいる訳かぁ そいつらとはなるべく会いたくねーなあ>

<星系では純粋種はあなただけですよ 戦闘に関してはあなたにかなう戦士はいませんね>

<戦闘に関してはってゆうのが ちとひっかかるが まぁいいか あとはなんかあるのか?>

<ハックしたCNドライブのスペックによると 通常の3.25倍の出力で用途外性能としてはどうやら次元移動用みたいですね>

<次元移動用??>

<簡単に説明すると 封鎖された空間内の全ての物資を素粒子レベルに分解して さらにエネルギー変換と数値化の後 SSフォンに乗せるための エンコードを…>

<もう わかった!! いや 理解できないことがわかったから>

<じゃあ いつもどおり生体用個人記憶チップに入れておきますから 後にでもアクセスしてみてくださいね ファングさんでも理解できるように要約した状態で認識できるはずですから>

<あぁ>

…いちいち ひっかかる奴だ
と思いつつファングはそ知らぬ顔を作りながら返事をした。


にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

いちニの数え歌

  1. 2010/05/29(土) 20:57:05..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
イッポン ニホンジャ マダタリヌ

カワイイアノコニャ モノタリヌ

サンボン ヨンホン ツキサシテ

ゴゾウロップニ サシコンデ

ナナメニサイテ ヤツザキニ

クルシムスガタヲ トオマキニ

カワイイアノコハ アノヨユキ アノヨユキ




一本二本じゃまだ足りぬ

かわいいあの娘にゃもの足りぬ

三本四本突き刺して

五臓六腑に差し込んで

斜めに裂いて八つ裂きに

苦しむ姿を遠巻きに

かわいいあの娘はあの世行きあの世行き

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

ジンセイ~愚かな愚行

  1. 2010/05/28(金) 19:26:24..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
日の出と共に蠢く者よ

愚民の列が果てまで伸びる

訳など知らず

定めももたず

昨日と同じ愚かな諸行

ああ なんと哀れな事か

ああ なんと悲しい事か

自由も知らず

自我などもたず

騙されあって誤魔化しあって

ああ 悲しき人間達よ

ああ 呪われし非凡な者達よ

人生と言う名の無意味な道を

繁栄無き愚鈍な歴史を

日毎ひごとに綴りゆく

日入りに紛れ愚列は帰る

更に歪んだ家にと戻る

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

ミナゴロシノウタ~赤い頭巾を被った少女

  1. 2010/05/27(木) 21:28:17..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
森に住まいし 極悪老女

狼どもを 引き連れて

連日連夜の 悪行非道

森の平和は何処やら



森の外れの 隠れ里

今宵の獲物となりにける

女子供は ミナゴロシ

むろん男も ミナゴロシ



里の外れの 一軒家

少女が独り隠れてた

少女はなくなく命乞い

ナグサミモノとなりました



頭巾を被った幼い少女

ヨゴトノシウチでキガフレタ

頭巾を被ったかわいい少女

恨みとキョウキで寝首かく




老女と仲間は ミナゴロシ

森は平和となりました

独り残った頭巾の少女

新たな獲物を探し行く




今日もどこかで哀れな少女

頭巾と両手を血で染める

真っ赤な頭巾で ミナゴロシ

老若男女を ミナゴロシ

にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

とべない小鳥

  1. 2010/05/26(水) 21:29:50..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:1
籠に飼われし小さな小鳥

羽をきられて鳴くばかり

空を知らない翔べない小鳥

外に出たいとないている

とべない小鳥は昨日のワタシ

部屋に籠もって泣くばかり



籠の隙間に小鳥は気づき

無邪気に外へとおどりでる

翔べない小鳥は這いずるばかり

餌が欲しいと鳴いている

這いずる小鳥は愚かなワタシ

やがて骸になりさがる



乾いた骸は枷なきワタシ

冥府の彼方に羽ばたいて

自由なこころと動かぬ骸

哀れむことなぞなさぬよう

とべない小鳥の無口な骸

いつしか土へと帰りゆく 籠とはちがう土の中


にほんブログ村 ポエムブログ 闇詩へ
にほんブログ村

日記

  1. 2010/05/26(水) 00:02:30..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
今晩です いちニです

帰宅が伸びまして 時間がありません

ひとつ話を考え始めたのですが

時間切れですww

──────────────────────────

(仮)カミツキの傭兵

出だし

「 人間とはエゴイズムで出来ている 友情や愛情も同じベクトルのエゴに過ぎない 」

って、セプトゥアギンタが言ってたけどまったくその通りだと思う。

ボクは、カーリー。傭兵だ。

──────────────────────────


覚書をしておかないと

続かないたちなので メモとゆー事で

では続きは 後々で

5/24 妄想日記

  1. 2010/05/24(月) 21:03:50..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
こんばんは~ そして ただいま~

塾に行ってきました

雨がちょっと降ってたけど まんま走っての帰宅です


最近ちょっと悩みがあって…

急に引越し??するらしいんだけど しかも近場に

学校は五分くらい近くなるって話で(もともと十五分くらい)ボクが一番メリットがあるとか言われて

でも でもでもでもでも

今すんでる団地に 親友が引っ越ししてきたばかりだったのに

母さんが決めたらしいんだけど ボクは……………………………………

父さんに相談しても 何の役にもたたなかったし(いつもそうだけど

ひじょーに うまんふまん

断固抗議したいとこだけど

うちの母さん ちっちゃい癖にすごく怖くて うるさくて

あぁあ ほんとやんなっちゃう

プロダイバーも変わるかもしれないし めいわくな話

ほんと 勝手だと思う

明日あたり 親友に 言っておかないと…

あぁ 今日はもう寝ます 眠れたら



…引越しが夢だったらイイのに


インナースペース

  1. 2010/05/24(月) 20:32:43..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
混沌の世界に が渦巻く

かすかな音をまといながら

やがては 形を描き始め

かすかな音も 呪詛へと変わる

闇は叫ぶ

我 汝を許さず

 と

砕き蹴散らさんと 歩み寄る

烈火のごとく 歩み寄る

               微かな光があらわれる

               円く瞬き 歌いだす

               いずれ死に行く定めである と
               
               黙っていても朽ちゆく と

闇の怒りは強大で

聞く耳もたず 暴れゆく

               光の歌は か細くて

               いつしかに紛れゆく

世界は闇に満たされて

無口なボクを突き上げる

闇に染まりし この身体

今宵も彷徨い 歩みだす

虚構の海へと 歩みだす



妄想日記

  1. 2010/05/23(日) 22:22:58..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
ボクの名前は、”りんごがキライ”この名前はブログで使ってるハンネのひとつで、そのブログでは生意気に小説の類なんかをかいたりしてる。

長い話なんかだと、語学力の問題(笑)や、リアルが忙しいこともあって(昼間は学校とかあるしね…)なかなか書けないから、短い話ばかり。

それも、日々の戯言をつづった日記のほうが多いんだけど。

ブログのほうは始めたばかりでブロ友なんてのも、ほとんどいないし数少ないブロ友の内のひとりは、数少ないリア友のひとり。

もともと友達なんかを作ったりするのはニガテで、ブログもそいつがやっていたからなんとなく始めただけなんだけど。

それまでは、アニメなんかのサイトに出入りしたりオンラインゲームとかしかやってなくて、それはそれでおもしろかったんだけど、ブログを始めてからはそっちの方は最近放置気味。

飽きちゃったこともあるけど、ブログの小説ネタがね、結構悩んだりして?

特に閲覧なんかある訳じゃないけど、変なとこにプレッシャーを感じちゃう性質だから。

飽き性のこだわりって、やっぱり問題なのかな?

今書いてる日記も、自分で書いてて退屈だし面白みも落ちもないし、国語の成績が悪いのもうなずける(笑)。

本とか好きで、読んでるほうだと思ってるけど、漫画が半分じゃしょうがないかも。

とにかく最近は、お話を書くのもスランプぎみで、困ってる??

だれか、ネタかリクでもくれれば、助かるけど。

そうゆう訳で、もろもろ募集です。

メールをヨロシク

って書いても、見てるやつなんか居なけりゃ無理か(笑)

明日も学校だから今日は、寝よ。ってゆーか宿題やらないとー。


続きを読む

漆黒の竜 ダークドラゴン ファイル dd 001

  1. 2010/05/23(日) 08:35:58..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:4
「なんてこったい!?」
オートボート(自動船)から降り立ったファングは舌打ちをした。

それもそのはず、ここ環境改善コロニー E.C.O. には、なにもなかったからである。

ファングの生まれ育ったAL星系5thコロニー メトロ にくらべて、混乱 陰謀 猥雑など

すべての物が 欠けていた。

「ちきしょう ベースに着いた時からヤナ感じがしたんだよなぁ!!」
再び毒づきながら、辺りを見回す。

「ねぇ ファングさん ここは懐かしい感じで いいーとこですね」
相棒のガーディが、空気も読まずに能天気に答えた。

…おれは、お前みたいな田舎育ちとちがってシチズンなんだよ、クソッ

「メトロとちがって 広々として気持ちが良いじゃないですか おまけに静かで空気も澄んでるし」

…広々って、なんにもないだけだろ?
…おれはゴミゴミしていて、よどんだ様な場所でないと落ち着かねぇ
はき捨てるようにつぶやくファング。

見渡すファングの周りには、見慣れた漆黒の摩天楼や たむろするメトロの怪しい住人たちの姿などあるはずもなく、
ただ ただ どこまでも続く農園と点在する無機質なプラントが広がってるばかりであった。

「これは これは お待ちしておりました。…えぇーっと」

「ファング・ザ・DD。ファングで結構です。それとこいつは、相棒のガーディ。」

「では、ファングさん ガーディさん E.C.O. エコにようこそ」
依頼人らしき初老の紳士の挨拶で、ようやく仕事をする気になった、ファングだった。

「CIAE 帝国中央情報局の方を迎えることができまして感激です 申し遅れましたが 私は統治官のT.YAMADAと申します」

にこやかに握手を交わしながら ファングはつぶやいた。

…セントラルじゃなくて コーナーなんだけど 同じCだから まぁイイか

「なにか?おっしゃいましたか」

「いやぁ なにも」

「では 本題の方を」

統治官は コローニー内のプラント群で起こった不可思議な現象について 淡々と語り始めた。


ア ウィーク アゴー トゥディ
話は遡って 5thコロニー メトロ 


<…ファング>
<ファング!!>
おれを呼ぶ声が聞こえる

<ファング>

「…ステラ 続きはちゃんとするから もう少しだけ寝かせてくれ いくらおれだって」

<ファング? 何をいってるんだ?惑星ベイグズの調査は完了したのか?>

「あっ!はい長官!報告書をまとめしだい通信します」
声の主は 情報局長ブルータスのものであった。

ステラはまだファングの横に寄り添ったまま かわいい寝息をたてている。

<それにしても映像が映らないのは どうゆう事だ?故障か?>

<まぁ そんなとこです>
映像をカットしていた事にほっとしながら ファングは答えた。

<それより長官 こんな時間から何の用です? これだから年よりは…

<なにか 言ったかね>

<いや…別に>

<まぁ良い 次の調査なんだが 来週早々にも環境改善コロニーの調査を開始してくれたまえ>

「うぅーん ファンてばぁ 何のお話?起きてるならぁ 続きしよっか?」

<ファング!!そこに誰かいるのか?>

<いえ!誰も!詳細はあとでお聞きします!じゃっ!>

<………>

慌てて回路を遮断する。

「ごめん ステラ 仕事が入ったからまた今度な」
するりとベッドをぬけだして シャワールームへと向かう。

「ファンのばかぁ」
ドア越しに ステラの声が聞こえたが シャワーの音でかきけされていった。

鏡に映る黒髪に黒い瞳 AL星系では滅多にみれない代物である。

そして何よりも目立つ 肩から手首にかけての炎のような文様。

まるで タトゥーのような黒い炎は 伝説のドラゴンウォリアーの証である。

熱いシャワーを浴びながら 再びSSフォンにログインしてみた。

<ガーディ?詳細は聞いてるか?>

<お早う ファングさん もちろんですよ>
能天気な返事が 返ってきた。

<データバンク内の コロニーについての画像とテキストを送りますね シャワー中でも大丈夫ですか?>
ファングの目の前にデータが展開する。

<環境改善コローニーかあ ん!?こっちの映像が見えるのか?>

<そりゃあ もう 私にアクセスできないものなんてないですから>
笑いながら ガーディは答えた。

<…やれやれ それじゃあ 十時にスタンドで>

<ラジャー>

シャワーを切り上げベッドに戻ると ステラの姿は消えていた。

かわりに サイドテーブル一面に書きなぐりのルージュの文字がのこされていた。

’ファンのばーかぁ (>o<) '

「まったく やれやれだぜ…」

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村
続きを読む

おぱよ

  1. 2010/05/23(日) 07:22:42..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
またもや むだに早起きです

今日は 午前中用事があるのですけど

まだ 時間があります

も一度ねちゃおっかな?

蛙_かわず

  1. 2010/05/22(土) 10:28:36..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:1
おっほん!!本日はオレさまが 世界について語ってあげよう

聴衆なんぞは見当たらないが 細かいことなど気にはしない

 世界は水に満ちている!

以上!



…ゴホン 



えっそれだけか?って …君達はおろかものだなぁ

では 補足を! 

世界の果ては壁だ!無限に続いてると…思われる

これは オレ様の実体験で 泳げど泳げど 壁が無限に続いてるのだ

以上!

… … …

ほんとに 救いようがないなぁ

最後にひとつだけ 述べることにする

空は 小さく丸い!

以上 世界についての話は終わり!


  チャプン


その井戸の底には小さな蛙が住んでいた

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

実験小説 <ぼやけ>

  1. 2010/05/22(土) 09:35:38..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:4
zitu01.jpg

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

ふと 思いました

  1. 2010/05/22(土) 09:06:23..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
tate.jpg

にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
にほんブログ村

# 大きな文字で

  1. 2010/05/22(土) 08:00:14..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0


無題

  1. 2010/05/21(金) 00:47:03..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:2
現実は 常に強大で 残忍だ

日のあかりのもと まとった衣を はいでゆく

昼間のボクは 生身でひ弱

むなしい抵抗など 長くは続かない

ただ ただ 日没を願うだけ

夜も深けた頃 ようやく息をつく

静寂と孤独のみが しょうしんを癒すだけ

明日もまた 負けぬよう

現実に 押しつぶされぬよう

今夜もボクは 衣をまとう 

四角い窓にむかいながら

うそといつわりで織られた 脆弱な言葉の衣を

口元からしたたる毒で つなぎながら

シフト

  1. 2010/05/20(木) 22:32:13..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:2
夕暮れの広場で 男が独り演説をしている。 たまに人は通るものの 立ち止まる者はない。

「道行く 善良なる 紳士淑女の皆さん! この星には 新しい風が必要です!」

誰も居ない広場に 男の声だけがむなしく響く。

「星政府 及び 惑星連にまかせていては 母なるこの星は 何も 何も代わることなどできません! 未来永劫 末期的停滞が 続くだけなのであります!」

「この星のよどんだ現状を変える為にも 私とともに風をおこし この星の新しい未来を作ろうではありませんか!」


やがて日も暮れ星が瞬き始める頃 男はしかたなく家路につくことにした。

…こんな事で この星の未来なんて変えられるのだろうか?

つぶやく男の背中は こころもち疲れているようにも見えた。

「あのー」

曲がり角で 急に声をかけられ びくつく男。そこには 見覚えのある 黒装束の老人がたたずんでいる。

「きさま!きさま!きさま!! きさまの言ったことを信じて俺は!」 

いきなり 男は老人にまくしたてはじめた。

「この星の未来を変えるために 毎日毎日 演説を続けてきたが まったく変わる気配もないぞ! でたらめを吹き込んだな!?」

「まぁまぁ 落ち着いて 私は嘘なぞついておりません」

やんわり 受け流す老人。

「かれこれ半月あまり あちこちで訴えかけているのに 誰一人として聞きもしない! 俺には未来を変えることができるとぬかしたのは きさまじゃないか!!」

「 ’変えることができる’と言っただけで 演説によってなどとは申してないはずですよ」

「では どうゆう事だ!黙ってじっとしていても何も変わらないだろう!?」

「やれやれ」

呆れた顔で 言葉をつづける老人。

「では こちらへきて 背中を向けて立ってください。すぐに未来が変わりはじめますから」

「本当だろうな?変わらなかったら ただじゃおかないからな!!」

「疑い深い人ですね ちゃんと変えますから この星での私の役目も終わりますので もう問題もないでしょう」

「ごちゃごちゃ言わずにやってみろ」

背後で老人が 男の背中をまさぐり始めた。


そして 何かをシフトした。


カチャッ


奇妙な感覚がわずかにしたが すぐ消え去ってゆく。

すると… 

夜というのに どこからか人が集まり始め 次第に男を囲んでゆく。そして 口々に叫び始める人々。

「演説の続きをきかせてくれー!」

「俺たちは お前についてゆくぞー!!」

「私達の未来は変わるべきよー!」

「変えろ!変えろ!変えろ!変えろ!変えろ!!!!……」

明け方まで続いた騒ぎの中 老人の姿はいつしか消えていた。


半年後 

男はこの星の初代皇帝となり 多くの改革をはじめる。停滞は崩れ去ったのだ。

しかし その半年後

めざましい発展を遂げたこの星が さらに飛躍するかにみえた後 あっさりと滅ぶこととなる。

無理な改革の付けが回り 更にちょっとしたミスが重なったせいでもある。


停滞が続くはずだったこの星の未来は 確実に シフト していたのであった。

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

油断

  1. 2010/05/18(火) 22:25:57..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
「深夜は独りが多いからさぁ もう 怖くってぇ」

騒々しい声が響きわたる。ここは某コンビニ、先ほど強盗事件が発生し事情徴収の真っ最中である。

「目無し帽にサングラスの男がぁ 包丁を突きつけてくるからぁ」

深夜には はた迷惑な声がさらに響き続ける。

「お待たせいたしました」

どうやらオーナーが 到着したらしい。早々に置くの小部屋で話を伺う事となった。

「実はですね 刑事さん」

オーナーが話をきりだした。事件について何か別に話があるらしい。

自分の方からも、二三伺うつもりだったのだが、とりあえず話を聞いてみることにした。

「こちらの録画テープを 見てください」

オーナーが再生を始めたテープには、店員の言葉どおりサングラスの男が包丁を手に、何か指図している。

レジから現金を渡され、さらに奥の小部屋からも札束をせしめている。そして男は入り口に向かい立ち去った。

「証言どおりの様子ですが これが なにか?」

「ホントは もうひとつあるんですよ テープが 店員には内緒のやつが」

それは奥の小部屋のものだった。店員が金庫を開け、中の札束の半分ぐらいを運び出す様子が映っている。

そしてしばらく後に

辺りの様子を伺いながら、自分のカバンらしきものに残りをつめる店員の姿が…

にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
続きを読む

SN 2

  1. 2010/05/16(日) 20:35:23..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
早くも タイトルが省略形にww

まぁイイか   DD風


人は 年齢を重ねるごとに すこしづつではありますが頑固になるみたいですね

年寄りお年を召した方は特に 頭が固くって

!だから 幼いと簡単に割ることができるんですね アタマヲ


にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村
続きを読む

消失

  1. 2010/05/16(日) 11:07:46..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
朝 目が覚めて部屋から出ると 誰もいなかった

こんな 早くからどこに行ったのだろう?

しかたなく 朝食代わりにトーストをかじりながら部活に出かけることにした

日曜の朝は人通りも少なく 近所のおばさん達も井戸端会議に忙しげで 通り過ぎる中学生など興味もないようだ

ボクの挨拶などは 耳にも入らないらしい

少し駆け足で学校に向かってゆき 学校前の大通りを渡っている時 

すぐ脇を 怒鳴りながら大型のトラックが走り去ってゆく

どうやら ちゃんと横断歩道を歩けとの事らしい

横断歩道で手を上げても止まってくれる車は少ないし ましてや平日の通学時間帯なら なおさらだ

50メートル先の横断歩道には 見覚えのない信号がついていたが

近づいてみれば まだ工事中の張り紙がしてあった


校門をくぐって グランド脇の部室(ぶしつ)に向かうと まだ鍵がかかっている

誰も来ていないのか?…何かあったのかな?

鍵を借りようと校舎に向かうと 宿直の先生がいるのだろう こちらは鍵があいている

上靴に履き替え 重い部活のバッグを抱えて職員室にと 廊下をすすむ

途中 一年のクラスが並んでいるが もちろん授業は休みで誰もいない

なんとなく予感がして 自分のクラスを覗き込んでも やっぱり 人っ子一人居なかった

ただ ボクの席の上に 一輪挿しの花瓶がひとつ置いてあるばかり

そういえば三日前の朝…


 そして目の前の世界は すべて消失してしまった


にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

shortnoise 1

  1. 2010/05/16(日) 07:22:39..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
日本ブログ村のImpactVoiceさんのブログに感銘を受けましたので

ボクもやってみることにしました3行限定のつぶやきです

天邪鬼でダークなボクに リラックスと感動は無縁なので 

ダラダラと毒を吐き散らすだけですので あしからずww



愚者が多すぎる 今日このごろ

 ゲームだけの話なのかな?

賢者なんて ???





続きを読む

あんまり好きではないですが

  1. 2010/05/15(土) 20:10:47..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
頑張って お掃除しました

あまりにも汚かったので…


にほんブログ村 その他日記ブログ つぶやきへ
にほんブログ村
続きを読む

小さな取っ手

  1. 2010/05/14(金) 20:14:07..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
おや珍しい こんな所においでなさるなんて別に 


取って喰ったり


なんぞ致しませんから ご心配なく

わたしの様子が気になるんですかい?この部屋のことですかい?

だったら訳でもお話しましょう


一月ぶりのお客さん


ですから

なーに 時間や手間などおかけませんので

もう少しだけお近くに お近くに

まずは身の上なんぞを手短に

こう見えても この辺りじゃ有名な家の生まれでして

実際のところ 生まれてこの方 不自由などしてきたことなんぞ ありません

特に働かなくても平気でしたが 

そこはそう 両親がそれでも世間体ってやつがあるからと

父親の会社に勤めることにした訳なんです

たいした仕事を受け持つわけじゃなく ただ出勤するだけ

たまに 電話番などを人がいないときだけの 楽な毎日を過ごしてました

おまけに休みだけは人並みで 終末のたびに飲み歩き

翌日は 昼まで酒がぬけなくてフラフラで過ごすとゆー有様

人とあったりはしないですから 問題もなくそんな生活を続けていたわけです

えっ?そんなことより 壁下の小さな取っ手は何かですって?お気になさらずおきになさらず


ただのダストシューター


ですから ゴミが出たならそいつでポイです


においも残らず すっきりきれいと 


そんなことより話の続きを

あと少し ほんの少しの辛抱です 


短い人生


あせりは禁物ですからね

そんなある日のことですが 会社勤めのことですよ

その日は珍しくお客人なんぞが参りまして 

私がお相手することになったしだいでございます

そのお客人は まだ年若いべっぴんさんで 色々と会社の仕事についてなんぞ お聞きしてきたわけですが

週の初めの朝のこと いつものように酔いの冷めぬ私ときたら ふらふら うんうん うなずくばかり

しまいには 呆れて怒り出し他の者を呼べと暴れだす始末

慌てて お静かにと押さえ込んでるうちに 酔いのせいもありましたが

いつしか 押し倒し行き付くとこまでいったわけです

事の次第を知った父親が お金にものをいわせてもみ消してしまい 後ろ手だけは免れましたが

生来の凝り性がたたりまして 毎夜毎夜の放蕩三昧

仕事場にまで連れ込んで 破廉恥の限りをつくすにまでいたっておりました

さすがに 父親もその頃には腹を決め

私の存在自体を消してしまうことにし 町外れのあばら家の一室に

こうして 閉じ込められることになったしだいです

なーに 食事は三度三度差し入れて 

月に一度は慰みもあるわけで

そんな感じで 特に不自由もございません

そうそう その扉は内側からはあきませんよ 

いくら騒いでも ここは 町外れ だーれも来たりはないですね

どうしてもとゆーなら おっしゃって下さいな

出られるときは こちらです


この小さな取っ手だけですから


なになに 慰めてくれればいいんです 短い人生さらに短くすることもないでしょう


ダストの口は小さいですから 


加工しないと出せません


なにもそんな早く切り刻んだり致しません   慰めてくれればよいですから


飽きないように   慰めてくれれば


にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村

  1. 2010/05/13(木) 21:44:30..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:1
十月

Ads by Google

東京で満足のタイビングを - wwww.tokio.com
快適設備とおもてなしで300%満足のタイビングをご堪能ください



上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





九月末日

明日 アタシ 蝶に ナルカラ

ミンナアリガトウ




九月







八月






七月

ヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダヤダ


















モウシニタイ





六月

オキタラ マタ アタマガイタイ キョウモ ガッコウヲ ヤスムコトニシマス




五月







四月中日

新しい生活に あまり馴染めないです ちょっと…




三月末日

来月から高校生 ちょっぴりきよわなわたしだけど

頑張って

楽しい高校生活なんかをうpするつもりなので みんなヨロシクねぇーー



























































よかったです

  1. 2010/05/12(水) 23:43:15..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
某サイトの 数少ない友人が 復活できて良かったです

ホント良かった

灰実夢」

  1. 2010/05/12(水) 20:11:56..
  2. 2010/05 過去記事
  3. .. トラックバック:0
  4. .. コメント:0
気がつけば 山の中の細い道を歩んでいた

あぁまたここに来たんだな

きっと 見覚えのある分かれ道があるに違いない

この間は確か右に曲がって さらに深い山の中さまよったけ

でも 左は上っているし しばらく独りが続きそうだ

今来た道を戻ってみたら…

やっぱりやめよう ただ山間の獣道が続いていただけだったから

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。